ゴーグル部-「ゼロ(円)から始めるVJ生活」

地方に住んでる初級者アニソンVJが覚えたてのソフトの使い方を吐き出したりするブログ。Windows環境、ResolumeとRekordboxLyricの話題が多めです

RekordBoxLyric講座#2 RekordBoxLyricをVirtualDJで使いたい人へ

この記事はたぶんアニソン系VJで一番需要あるかな?なRekordBoxLyricとVirtualDJの連携について書いていきます。

 

前もTwitterで書いたのですが、実はこのRekordBoxLyric、Spoutというものが飛んでます。

f:id:ino2408m:20190305215510j:plain

Spout?難しそう・・・

Spoutってなんですかって人に説明しとくと、実は私もようわかってません。(オイ)

ざっくりいうと各ソフト間で動画をリアルタイムでやりとり受け渡す規格です。すごーく簡単に述べてしまえば、

「ソフト間をHDMIケーブルのようなものでつなげる」イメージだと思ってください。

 

例として、VirtualDJからResolumeにリアルタイムで映像渡して味付けしたりするときに使われたりします。

 

知らなくても使ってるうちにわかってくると思います。

 

とりあえずVirtualDJにSpoutを導入しよう!

前の記事のコピペですが復習。

インストール

とりあえずVirtualDJの例で説明します。

1.Spout関連ソフトをダウンロードします。

Spout

このサイト下のほうにあるDownloadからダウンロードページに飛びます。そこにSPOUTとSPOUT TO NDIがあるので、それらをダウンロード、インストールします。

f:id:ino2408m:20181122222613j:plain

f:id:ino2408m:20181122222703j:plain

 

2.SPOUTをインストールするとデスクトップにSPOUTのアイコンができるので、そこからSPOUT関連のファイルに飛べます。ここの「PROGRAM」→「VIRTUAL DJ」フォルダの中に「VDJSpoutReceiver.dll」「VDJSpoutSender.dll」ファイルがあるのでこれらをVirtualDJのプラグインフォルダに入れます。多くは「ドキュメント」か「ProgramFiles」→「VirtualDJ」→「Plugins」→「VideoEffect」のフォルダです。

 

f:id:ino2408m:20181122223026j:plain

f:id:ino2408m:20181122223630j:plain

 

3.VideoEffectとしてVDJSpoutReceiverが出てこれば完了です。

f:id:ino2408m:20190305220626j:plain

 

今回はこのReceiverでRekordBoxLyricからの映像を受け取ります。

 

RekordBoxLyricから歌詞を飛ばす

RekordBoxLyric、公表はしてないんですが何もしなくてもSpoutに白黒の映像が飛ぶようにう初期設定されてます。

f:id:ino2408m:20190305221354j:plain

f:id:ino2408m:20190305221545j:plain

このように、白背景黒文字でリリックビデオをSpoutに乗せられるみたいです。

ただし、真ん中のデッキはなぜかSpoutに乗らないという謎仕様になってます。(そもそもこの入力であるところのrekordbox_outputはLyric出してなくても乗るのでこのためのものではないのかもしれません?)→

macbook環境だとsyphonが使えるのでそれのためでした。Windowsでも使えるようにしてくれ…

 

f:id:ino2408m:20190305221749j:plain

いずれにせよ真ん中のデッキを飛ばせない仕様のため、ひとデッキずつ飛ばして使う仕様ですね。

 

ビデオと歌詞を合成しよう!

さて、ビデオと歌詞を実際に合成してみましょう!

やり方としては、歌詞を読み込みたいデッキの「エフェクト」を「VDJSpoutReceiver」にするとRekordBoxLyricの画面がVirtualDJで拾えるので、トランジションのモードをAdditiveにして2映像を合成します。

f:id:ino2408m:20190305223137j:plain

「VDJSpoutReceiver」の右の歯車をクリックすると、右下の方にSenderを選ぶ画面が出るので、ここで「Deck1_LS-Unity」等を選びましょう。

f:id:ino2408m:20190305223059j:plain

これで歌詞と映像が一緒に出る!エモい!

f:id:ino2408m:20190305222600j:plain

ちょっと待て。これでは背景のビデオが見えない。

 

もちろんテクスチャー的にこういう表現もありなんですが、映像の「上に」歌詞を乗せたいみたいなこともありますよね。

 

こういうとき役立つエフェクトが「Negative」です。

 

VideoEffectの歌詞側デッキのNegativeエフェクトを「On」にすると、歌詞の映像が黒背景+白文字になるので、映像の上に文字を乗せることができます。

 

f:id:ino2408m:20190305223923j:plain

これで、RekordBoxVideoがなくても映像の上に歌詞を乗せることができます。

 

オススメの運用としては、4deckにし

deck1:映像素材1

deck2:映像素材2

deck3:RekordBoxLyricのデッキ1「Deck1_LS-Unity」

deck4:RekordBoxLyricのデッキ2「Deck2_LS-Unity」

 

みたいな感じですかね。2レイヤーで運用するとなるとなかなか限界があります。

(MV等使わないイベならかなりアリかな?な構成ですが)

 

こんな感じで、RekordBoxLyricとVirtualDJを連携できました!他のソフトでももちろん連携できます!(Resolume&OBSについてはあとで書きます)

 

歌詞だけだとなにか物足りないな-とか背景つけたいなー、でもそのためだけにRekordBoxVideo買うのもなーってひとは是非試してみてください。

 

それでは。