ゴーグル部-「ゼロ(円)から始めるVJ生活」

地方に住んでる初級者アニソンVJが覚えたてのソフトの使い方を吐き出したりするブログ。Windows環境、ResolumeとRekordboxLyricの話題が多めです

視覚効果をすぐ切るんだ。(WindowsでVJやる人へ/壁紙ドーン現象の解消)

久しぶりに記事を書く気がします。

 今回は解説動画もつけました。よかったら見てみてください。

 

 

この前相談があったのとたまーに現場でも見るんですが、

 

タスクバーからソフトを選ぼうとするとVJ画面が消えて壁紙が出てくる・・・ってことがあります。

 

特にVJのとき2つ以上ソフト動かすとき、タスクバーにカーソルあるとなってしまいます。

 

 

これの原因なんですが、Windows10にはいろんな視覚効果があります。

 

ウィンドウをおしゃれに並べてみたり、どのソフトがうごいてるかわかりやすくしたり、ソフトのプレビュー出したり・・・ですね。

 

特にこの「ソフトのプレビュー出す機能」がVJ中悪さをします。

 

VJやプレゼンにおいては送出する画面が消えることがある、負荷があがるなど正直邪魔です。

 

切り方はこんな感じです。

 

Windows10であれば左下の画面のWindowsアイコンを右クリック→「システム」→「システム情報」→「システムの詳細設定」→詳細設定タブの「パフォーマンス」から視覚効果の設定ができます。

f:id:ino2408m:20200527230516j:plain

f:id:ino2408m:20200527230646j:plain

 

f:id:ino2408m:20200527230834j:plain

パフォーマンスオプションからカスタムを選び、「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」のみONにします。(ちなみに悪さをするのは下にある「プレビューを有効にする」これにチェック入ってるとタスクバーにマウスカーソルある時フルスクリーン解除になってしまいます。)

f:id:ino2408m:20200527231501j:plain

 

 

上記の設定ならVirtualDJとResolume使う場合でタスクバーにカーソルある場合でも画面が消失せずにすみます。

 

あとはWindowsの余計な視覚効果を切れるので、シャレオツではなくなりますが動作が軽くなります。

 

もし現場でVJやってて画面が壁紙にたまになるんだけど・・・って方はぜひ試してみてください。